豊泉家からのお知らせ

2020.08.07

トピックス

R&D<研究・開発>発表会(ドメイン大会)が開催されました

8月7日(金)にR&D<研究・開発>発表会のドメイン大会が開催されました。

R&D<研究・開発>発表会とは、日頃のサービスの研究による改善の提案、新たなサービス開発についての発表会です。この発表を通じて自分たちのサービスの振り返りや、これからのサービスを自ら提案していく場として活用しています。2005年の第1回開催から毎年開催されており、今回で第16回となります。
今回は12月の豊泉家グループでの大会に向けての福祥福祉会での予選会となり、審査対象として11チームがエントリーしました。更に第1回から研究を積み上げている「認知症PJ」チームが今年から特別枠として参加し、計12チームが発表を行いました。

今回は、新型コロナウイルス感染予防策として、3つの密を防ぐため、発表会場の他、各コミュニティでのライブビューイングをおこないました。

Zoomを使ったライブビューイング


~第16回R&D<研究・開発>発表会 ACドメイン大会~

基調講演:認知症PJ
「認知症ケア 豊泉家メソッド」



・Cap会・Vcp会・T3会
「チーム3役に求められる役割について」



・ソーシャルワーカー会
「これからのソーシャルワーカーの役割と働き方」




・ヘルスケアマネジャー会
「呼吸と姿勢の追求Ⅳ ~歩行を取り入れた実践報告~」



・在宅ケア総合相談センター
「CPC/CSC拡大・拡充にむけて」



・デイサービス合同チーム
「900名デイサービス 再検証から新たな可能性へ」



・ホームヘルプセンター豊泉家 豊中
「豊泉家における訪問介護事業の可能性についてⅡ」



・プリベンティブ・スタジオ豊泉家 桜塚
「プリベンティブ・スタジオの可能性の根拠」



・ケアハウス豊泉家住之江
「ケアハウス豊泉家住之江のブランディング構築から新サービス創造に向けて」



・ケアハウス豊泉家桃山台
「孤立と孤独を防ぐ ~事例からの考察~」



・チャレンジドコミュニティ
「チャレンジド事業におけるトータルライフプランの確立に向けて ~導入編~」



・アシステッドリビングホーム豊泉家 桃山台
「ALHサービスの実践と追及Ⅷ」


厳正なる審査の結果、12月のグループ大会進出となったのは、
・ヘルスケアマネジャー会
・プリベンティブ・スタジオ豊泉家 桜塚
・ホームヘルプセンター豊泉家 豊中
・ケアハウス豊泉家 住之江
の4チームとなりました。

グループ大会ではさらに研究を積み上げ、本日以上の発表を期待しています。



阿久根理事長による総評

お知らせ一覧に戻る

トップページ
豊泉家のおもい
ー 豊泉家のおもい
ー 理念・法人概要・沿革
ー 豊泉家のこだわり 
ー 数字で見る豊泉家
ー 豊泉家の挑戦
豊泉家のサービス・事業
ー 豊泉家のサービス・事業
ー シニア向け 入居サービス
ー シニア向け 在宅サービス
ー チャレンジド支援サービス
初めてご利用される方へ
交通アクセス一覧
よくあるご質問
資料請求・お問い合わせ
お知らせ
新卒採用情報
キャリア採用情報
サイトマップ

事業一覧