豊泉家からのお知らせ

2020.06.29

トピックス

豊中市老人クラブ連合会東部ブロックの皆様に手指消毒液を寄贈いたしました

6月29日、千里中央コラボにて

「豊中市老人クラブ連合会の東部ブロック会長・役員会」にお邪魔させていただきました。

最近のコロナ禍で、地域の皆様、老人会の皆様がどんなことにお困りなのか伺う中で、老人会の集まりに使用する集会所の使用制限、手指消毒用アルコール不足でお困りだとお聞きし、東部ブロックの会長・役員会様に、豊泉家より手指消毒液を寄贈させていただきました。


豊中市老人クラブ連合会 副会長 東部ブロック長 大島 久和 様


役員会の前に、豊泉家ヘルスケアグループの紹介をさせていただくお時間をいただき、豊泉家が展開しております、予防事業・医療事業・介護事業の内容を説明し、2020年4月より豊中市中桜塚の豊泉家ランドマークタワー3階に開業いたしました「豊泉家C.I.Sセンター」についてのご説明をさせていただきました。
http://www.housenka.com/news/topics/20200501.html



会長・役員の方総勢24名の皆様に、豊泉家ヘルスケアグループのご案内をいたしました。




皆様熱心に聞いてくださいました。

最後に、豊泉家チャレンジドセンター豊中のジョブワークカレッジ(就労継続支援B型)で製造している食パン「レモンジュ」(大人気のレモンピールが入った爽やかな味の食パンです。)を、焼きあがりと同時にチャレンジドセンター豊中から豊泉家号でかけつけ、焼き立てほやほやの「レモンジュ」を皆様にお届けいたしました。





役員会終了後には、ご入居に関するご質問、老人会の催事への参加にお声をかけていただきました。

今回新たに繋がりを持たせていただきましたご縁を大切に、地域の皆様が何に困り、何を必要とされているか?常に考え、貢献できるよう、今後一層、精進してまいります。
何かございましたら是非お気軽にお声をおかけください。


豊中市老人クラブ連合会の東部ブロック会長・役員の皆様
ありがとうございました。

豊泉家のサービスへのお問合せは、豊泉家C.I.Sセンターまでお願いします。
フリーダイアル:0120-294-998(フクシのキュウキュウハ)

チャレンジドとは

神様より挑戦する運命を与えられた人達という意味です。
豊泉家ではハンディキャップをお持ちの方を"障がい者"ではなく"チャレンジド"と呼称していく取り組みをしてます。
欧米でハンディキャップをお持ちの方への呼称としてもちいられている「The Challenged(ザ・チャレンジド)という考え方に基づいています。
 私たちはチャレンジドと共にソーシャルインクルーシブな社会を創造します。

お知らせ一覧に戻る

トップページ
豊泉家のおもい
ー 豊泉家のおもい
ー 理念・法人概要・沿革
ー 豊泉家のこだわり
ー 豊泉家の感染予防
ー 豊泉家のPCR検査  
ー 数字で見る豊泉家
ー 豊泉家の挑戦
豊泉家のサービス・事業
ー 豊泉家のサービス・事業
ー シニア向け 入居サービス
ー シニア向け 在宅サービス
ー チャレンジド支援サービス
初めてご利用される方へ
交通アクセス一覧
よくあるご質問
資料請求・お問い合わせ
お知らせ
新卒採用情報
キャリア採用情報
サイトマップ

事業一覧